2014年11月14日に公開した曲「セパレーション」についてのあれこれ







 ・音源は、全てcubase artist7.5 付属のものを使用。
 ・エフェクターは、cubase artist7.5付属のもの+フリーのvstプラグインを使用 (といっても、フリーのvstプラグインは1つだけです。マスタートラックに挿している、「Marvel GEQ」(voxengo)というフリーのリニアフェーズ イコライザーです。このイコライザーは、私はマスタートラックのみに使用するようにしています。)


 ・サイドチェーンを使ってコンプレッサーをかける(?)ことに成功。クラブ系の曲作りには必須のテクニックです。cubase付属のコンプレッサーで大丈夫です。この曲では、シンセ・ベースにかけています。
参考URL→ http://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-cubase/sidechain-3/

 ・音の配置(パン)・リバーブ・イコライザーの重要性を再認識した。
 ・cubase付属の「Envelope Shaper」がイイ。この曲では、キック・スネア・シンバル・エレピの音に挿入して調整を行いました。


<感想>
 ・音源・エフェクト買い足さなくても十分やっていけると感じた。
 ・次はもう少し曲の展開に変化を持たせたい。
 
 視聴した方へ、、、動画を見てくださってありがとうございます。次回作がいつになるか分かりませんが、応援よろしくお願いします!!

コメント

人気の投稿