DTMの始め方 Part4 〜モニターヘッドホン編〜

 DTMをするにあたって必要な物を紹介するコーナーの第4回目となります!
 
 今回は、”モニターヘッドホン”を解説します。

 
 ・モニターヘッドホン
 優先度(最高で星5つ):★★★★

 より細かい音の編集作業をする際、必ず用いるのがヘッドホンです。1つの音をより細かく編集したり、ミックスの段階での微調整をしたりするときにとても役立ちます。 
 
 Part3「モニタースピーカー編」の補足事項でも書きましたが、DTMに使用するスピーカーやヘッドホンは、原音に忠実な音(味付けの少ない音)を鳴らすものを使うというのが鉄則となっています。
 
 ここからは個人的な意見ですが、ヘッドホン選びはスピーカー選びよりも慎重に進める必要があると思います。というのも、モニターヘッドホンはそのメーカーや機種によって特性がかなり異なると感じています。ですので、可能であれば実際に試聴してから購入することをお勧めします。

 さらに個人的な意見を続けます。

 「モニターヘッドホン」をネットで調べると、かなりの割合でこう書かれています。
”「定番は、MDR-CD900STだ!」”
”「MDR-CD900STを買えば問題ない! 迷ったらこれ!」”

...このMDR-CD900STはどのようなシロモノかというと、
・発売開始は1989年
・それ以来、あらゆるレコーディングスタジオの現場で使われている。
テレビ・ラジオの放送局なんかもこれを使用している。

と、まさに”業界標準”のヘッドホンです。


 しかし、これもまた個人的な意見になりますが、このMDR-CD900STは低音をうまく鳴らしてくれない印象が強かったです。(もっと言うと、高音も妙に刺さりすぎてる気がします。正直、これではミックス出来ないなと思いました。)
 あくまで推測ですが、90年代と現在では「流行りの音域」が違うのではないでしょうか。現在はEDMを中心に、低音も重視した楽曲が数多く制作されています。そしてEDM等のダンスミュージックでは、キック(バスドラム)の鳴り方が非常に重要です。低音成分の多いキックの音を十分にモニター出来ないと、ダンスミュージック制作の際に圧倒的に不利になります。

 このようなことが理由で私はMDR-CD900STを使っていません。

 「ダンスミュージック(電子音)に強くて低音もしっかりモニター出来て、高音も刺さりすぎないけどしっかりモニターしたい!おまけに生音もちゃんと鳴らして欲しい!」

 そんなワガママな要望を満たした、現在私が使っているヘッドホンを紹介します。



 ・Roland製 「RH-300」

 このRH-300こそ、迷ったらこれ買っとけと言える逸品だと思います!
価格はおよそ1万3000〜1万5000円程度です。
 公式サイトには電子楽器に最適とありますが、オールマイティに、どのジャンルでも対応できると思います。

 以上がモニターヘッドホンについての説明となります。
(今回は個人的な意見が多かったですね・・・)

コメント

人気の投稿